【ラングリッサーI&II】リメイクの体験版をやってきた

ゲーム
スポンサーリンク

なんかやるゲームないかなーとPSストアを漁っていると懐かしい名前が。ラングリッサーのリメイク!?全然ノーマークだっただけにかなり驚き、考えるより先にダウンロードした。

ラングリッサーシリーズのプレイ歴はメガドラ版2のみだが、当時はめちゃくちゃハマって配信期間中(セガチャンネルの)は毎回猿のようにやってた。当時の思い出も交えながらプレイの所見を述べて行こうと思う。

公式サイトはクラシックモードに変更可能!
スポンサーリンク

デアラングリッサーがベース、クラシックモードなどオールドファンに嬉しい要素が多い

前述の通り「Ⅱ」のみプレイ済みのため、Ⅱについて。

内容はシナリオ分岐あり、キャラがフルボイスとSFC版をベースとしたいわゆる「デア」シリーズがベースとなっているっぽい。出撃画面がメガドラ版(いわゆる2)と全然違うし、種族やクラス表も微妙な違いあり。音楽も自分が知ってるのとはアレンジが違うが、聞き馴染みがある曲が殆どでかなりいい感じ。個人的にはラングリッサーのBGMは面白さの50パーセントを占めてるのでこれは嬉しいところ。

クラシックモードは初回生産分限定の特典として同梱されており、なんと今回の体験版で選択することが出来る!!

「クラシックモード」とは、ゲーム内のイラストやマップ画面などを、
かつてのラングリッサーのデザインに変更してのプレイが可能なモードになります。

公式サイトより

私が今回プレイする経緯に至ったのは、この点に興味を引かれたに他ならない。開発元であるメサイヤは数年前から息していないし、3DSで発表されたラングリッサーリインカーネーションは、正直転生なんていう言葉では片づけられないくらいの出来だったことは知っている。それでもどこかの夢幻戦士や魔法の少女のようにならないだけマシなんだ、と自分に言い聞かせていた。そこで今回の要素である。DQといえばあの音楽、FFといえばあの絵と、誰もが思い出せるように、ラングリッサーのあの絵と言えばうるし原絵なのだ。

戦闘バランス良し。グラは許容範囲。操作性は改善の余地あり

ゲームプレイは当時の感覚を思い出しながらで充分プレイ可能。能力地の細かいパラメーターや種族の違いに最初は戸惑ったが、特に違和感なく戦闘を楽しむことが出来た。そういえばこういう戦略シミレーションって、メガドラ以降ほとんどやってないな。戦闘中のキャラグラフィックは出来がいいかというと微妙なところだが、どうあがいて正解はないだろうし、当時のをそのまま持ってくるんだったら、じゃあオリジナルやれよって話にもなる。何よりも最新ハードでラングリッサーが動いていることに自然とにやけてくる。ただ操作に関しては色々と気になった!

  • まずカーソルの高速移動が出来ない。R1などの余ってるボタンに割り当てられれば最高。
  • 移動→攻撃をキャンセルするとユニット、カーソルが元の位置に戻ってしまう。これが地味にめんどくさい。×ボタンを押すと攻撃か待機を再選択させて欲しかった。シリーズ経験者なら分かると思うが、ユニットを移動だけさせることも多いため、製品版の改善に期待したい。
モーガン倒せば良かったのね

ただの懐古ゲームにあらず。シナリオやシステムの説明は丁寧

シナリオ分岐の条件、システムのTIPSなどは目につく場所に設置されていて、ライトユーザーへの配慮もなされている印象。ただ、ライトユーザーがこのゲーム買うのか?というとまたそれも想像し難いのも事実である。。。カプコンベルトスクロールコレクションやストリートファイターファイターアニバーサリーコレクションの様に、振り切る方が潔いとも思うが、なにかしらの事情があっての事なんだろうか。中国でラングリッサーモバイルが流行っているから??つまるところ、このゲームはおっさんのためだけだけではなく、10代や20代の人たちにも何らかの間違いで売れてくれたら嬉しいと私は思っているのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました