【PSPlus】果たして元は取れてるのか?2020年のフリープレイを振り返る【PS4】

PSPlus2020ゲーム
スポンサーリンク

2020年版もやります

2019年のPSPlusまとめはこちら↓

コロナ禍で色んな業界が打撃を受けましたが、ゲーム業界は色々と盛り上がりを見せている2020年。


コロナによる生産ラインの停止などで、スイッチ本体やPS4のDS4(コントローラー)の品薄問題もありました。

PSPlusのフリープレイも豪華なタイトルが配信され話題になりましたね。

スポンサーリンク
  1. PlayStation Plusに加入することによる主なメリット
  2. 2020年1月 フリープレイ
    1. アンチャーテッド コレクション 約10時間プレイ
    2. Goat Simulator 約20時間プレイ
  3. 2020年2月 フリープレイ
    1. The Sims 4 約2時間プレイ
    2. Firewall Zero Hour(PSVR専用) 約10時間プレイ
    3. バイオショック コレクション(100円セール)
  4. 2020年3月 フリープレイ
    1. ソニックフォース 約8時間プレイ
    2. ワンダと巨像 約10時間プレイ
    3. モンスターハンター:ワールド 約200時間プレイ
  5. 2020年4月 フリープレイ
    1. アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝 未プレイ
    2. ダートラリー2.0 約3時間プレイ
  6. 2020年5月 フリープレイ
    1. 英雄伝説 閃の軌跡I:改 -Thors Military Academy 1204-  未プレイ
    2. X-Morph:Defense 未プレイ
  7. 2020年6月 フリープレイ
    1. Star Wars バトルフロント II プレイ時間15時間
    2. Kingdom: New Lands 未プレイ
    3. コール オブ デューティ ワールドウォーII(100円セール) 約1時間プレイ
  8. 2020年7月 フリープレイ
    1. ニッポンマラソン 約1時間プレイ
    2. NBA 2K20 約1時間プレイ
    3. ライズ オブ ザ トゥームレイダー 未プレイ
  9. 2020年8月 フリープレイ
    1. Fall Guys: Ultimate Knockout  約15時間プレイ
    2. Call of Duty®: Modern Warfare® 2 Campaign Remastered 未プレイ
  10. 2020年9月 フリープレイ
    1. STREET FIGHTER V 約200時間プレイ
    2. PUBG: PlayerUnknown’s Battlegrounds 未プレイ
  11. 2020年10月 フリープレイ
  12. 2020年11月 フリープレイ
  13. 2020年12月 フリープレイ
  14. 現時点での感想
    1. 当たりだなと感じたタイトル
    2. プレイする機会になってよかったタイトル

PlayStation Plusに加入することによる主なメリット

  1. オンラインマルチプレイ(一部タイトルは入らなくても可能)
  2. 会員限定ディスカウント
  3. 会員限定アイテムやテーマ(壁紙)、コンテンツなどの配信
  4. フリープレイ 

最大の目玉は毎月更新されるフリープレイ(フリプ)であることに間違いなく、これ目当てで加入している人もそれなりにいると思います。

またPSプラス会員になり、フリプタイトルをライブラリに追加しておけば、一度PSplusを解約しても再加入時にまた同タイトルで遊ぶことが出来るという良心的な仕様になっています。

フリープレイは過去の目玉、注目タイトルが提供されることも多く、中古で買うよりお得な場合もあります。

一年を振り返ってフリプは果たして得なのか?

2019年にPSPlus利用権の料金が改定され、

PlayStation Plusの3ヶ月利用権は1,337円(税込)から2,150円(税込)となります。
PlayStation Plusの1ヶ月利用権は514円(税込)から850円(税込)となります。
※12ヶ月利用権の価格は現行価格から変更ありません。

PlayStation®Plus 利用権の価格改定に関するお知らせ https://www.jp.playstation.com/important-notice/2019/20190531/

となりました。

私のように12か月加入権をまとめ買いしている人はともかく、毎月様子見しながら買ってる人には微妙な月もあるかと思います。

簡単なレビューも交えながら今年も自分なりに検証していきます。

2020年1月 フリープレイ

アンチャーテッド コレクション 約10時間プレイ

アンチャーデッド初期三部作がセットになった豪華なタイトル。

アンチャ2の冒頭だけやったことがあって、その時は演出やギミックに度肝を抜かれました。

その時はスト4に夢中で結局買わなかったんですが、いつでも遊べるようになるのは嬉しいですね。

ただ、3部作と聞くと1からプレイするもので、PS3時代の作品のためどうしてもゲーム性が粗削りに感じます。

私は、「アンチャ1」をクリアする前にモチベーションが尽きてしまいましたが、時間に余裕があればぜひ最後までやりたかった作品です。

Goat Simulator 約20時間プレイ

PS3版でめっちゃ遊んだのにまたハマってしまいました(笑)

グラが綺麗になっているのと、追加要素(DLC?)も含まれているため少し新鮮な気持ちでプレイ出来ました。

隠しアイテム集めたりするゲームだったのね。

でも結局はこういう遊び方に落ち着きます。

突拍子もなく吹っ飛ぶのが癖になりますあんまフォロワー作品がないのもすごいところ

2020年2月 フリープレイ

The Sims 4 約2時間プレイ

IQ高い人が好きそうなイメージ

iPhone版「The Sims 3」以来の久々のプレイ。

チュートリアルから全くしっくりこず、頑張って続けてみましたが全然ハマりませんでした。

こういう基本観察、ちょくちょく介入するゲームって苦手です。

興味はあるんでルーマニア#203やシムシティ、CIVなどトライはしますが続きません。

人のプレイを見てる方が私は向いているみたいです!

Firewall Zero Hour(PSVR専用) 約10時間プレイ

このメインビジュアルでカードゲーム+ローグライクって分かる人はいるんだろうか

神ゲーです。

すでに持っていましたが、この機会に久々にプレイ。

銃を持って歩いているだけで、最初は新鮮な気持ちになれます。

エイムはジャイロセンサーで行うため慣れは必要ですが、敵に打ち勝った瞬間の興奮はVRならではのものがあります。

ただめっちゃ酔うので人は選びます。

自分の場合は酔い止めを用意したり、気分が悪くなった際の落ち着く時間を確保したりする必要があるので割と敷居は高い印象です。

ただVR酔いしない人にとっては現時点のVRFPSの中では最高のゲームだと思います。

バイオショック コレクション(100円セール)

存在を忘れていました。

特になし

2020年3月 フリープレイ

ソニックフォース 約8時間プレイ

だいたい同じメンツ

ソニックですね。

世界中にファンが多いからなのか、フリプ採用率がやたら高い気がします。

ソニックフォースは3Ⅾステージと疑似2Dステージがシームレスに繋がっており、昔のファンも何となくとっつきやすい印象を受けました。

昔は2Dステージ+疑似3Dステージという構成だったんで、逆になったんだと記事を書いてる最中に気づきましたね。

ステージギミック的には新鮮味は薄く、良くも悪くもソニックという内容でしたが、ソニックシリーズをプレイしたことがない方にはどちらのゲーム性も楽しめる良作だと思います。

実際のゲーム画面も霧がかった緑っぽい色合いで、強烈な印象が残りました

ワンダと巨像 約10時間プレイ

「ゲーム史」を語る上でこの「ワンダと巨像」は外せないと私は思っています。

元々PS2で発売されたタイトルにも関わらず、PS3、PS4とリマスター移植され、その度に遊んでしまう不思議な魅力がこの作品にはあります。

PSPlus版はPS4移植版で、主に画質やフレームレート向上、細かいゲームデザインの改善が加えられています。

やることは至ってシンプルで、「巨像を見つけ、倒す」だけ。

深く語られないストーリー、思わせぶりな巨像のデザイン、透明感の高い風景など、倒す過程において色々とプレイヤーは想像させられます。

記憶を消してもう一回やりたいゲームの一つです。

お気に入りの巨像。初見はあまりのスケール感に少し震えました

モンスターハンター:ワールド 約200時間プレイ

語る必要ないですね(笑)

モンハンをほぼやったことがない私は、この「ワールド」でがっつりハマりました。

発売日にDL版でフレンドたちと一斉にプレイしたことを覚えています。

狩って周回する楽しさを教えてくれた1本です。

2020年4月 フリープレイ

アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝 未プレイ

まだ3部作が終わっていないので…

ダートラリー2.0 約3時間プレイ

ちょっと触った程度でしたが面白かったです。

レースゲーの中でもちょっと異色のダートレースなので、間口は狭いように感じますが風景の美しさや実車を運転する喜びはカジュアルプレイでも十分に楽しめます。

2020年5月 フリープレイ

英雄伝説 閃の軌跡I:改 -Thors Military Academy 1204-  未プレイ

画像探すのも苦労した

いわゆる軌跡シリーズの1のリメイク?になるんですかね?
ノーコメントで。

X-Morph:Defense 未プレイ

このメインビジュアル、PVで「よしやろう!」となる日本人は少なそう

見た目、内容的に取っつきづらいのでプレイしませんでした…

2020年6月 フリープレイ

Star Wars バトルフロント II プレイ時間15時間

1~9をぶっ通しで見た直後だったのでテンション上がりました

これは嬉しかった!!

バトフロ1はSWの皮をかぶったスーパーカジュアルなBFという印象でしたが、今作ではやることがもう少し増えてマップもより戦力的となりました。

ただガチプレイというよりは、配信直後のワイワイプレイの時期が一番楽しかったかも。

世界観の再現度、没入感に関しては大満足です。

プレイ出来て良かった作品でした。

おっさん受けするのかもしれない

Kingdom: New Lands 未プレイ

うーん

コール オブ デューティ ワールドウォーII(100円セール) 約1時間プレイ

またか。

昨年に続いてのCODシリーズ配信。

私はFPSの有名タイトルはそこそこプレイしていますが、このCODは途中からリタイアしちゃいました。

「タイトルがよく似ていてライトユーザーにとっては違いが分かりづらい」

「操作感やシステムが代わり映えしない」

今作もCPのみやって終わりました。

面白いんですけどね…1つのタイトルをアプデで作り込んで欲しいと毎回思います。

2020年7月 フリープレイ

ニッポンマラソン 約1時間プレイ

一瞬ダウンロードをためらうメインビジュアル。
PVは面白そうなんですけど、随所に見られるセンスが合わなかった

最大4人で色んな障害物を乗り越えながらゴールを目指すパーティゲームです。

フレンドとやったら盛り上がる!かもしれません。

ゲーム内のノリというか、独特のアクが強すぎて私はCPU戦のみでやめてしまいました。

リア友集めてプレイしても、1人くらいはやってて恥ずかしくなる人いそうなセンスの作品でした。

NBA 2K20 約1時間プレイ

勇気をもってダウンロード!
思った以上に動かしていて楽しい(笑)

プレイ時間が短いのはバスケ文化が身近に存在しないからであって、もし私が元バスケ部だったり何らかの関わりがあればハマってそうな作品です。

展開が早いスポーツだし、作戦もたくさんあるんでしょうが素人の私にはほぼ分かりません。

ただパスやシュートは1ボタンで出せ、選手の操作切替も円滑に行えます。

「NBAのバスケ選手ってこんな動きするんだなぁ~」と新鮮な時間となりました。

ライズ オブ ザ トゥームレイダー 未プレイ

購入したんですが、「シリーズは1からプレイしなくてはいけない病」のため未プレイ

2020年8月 フリープレイ

Fall Guys: Ultimate Knockout  約15時間プレイ

ゲーム内容、色使い、音楽。どれもインディーズとは思えないクオリティ!

2020年フリープレイ最大の目玉。

何がすごいってこの作品はリリースされた直後にフリプ入りするという、前代未聞の荒業を使ったところです。

Sonyの中の人の目の付け所は正しかったですね。

そのカジュアルポップなゲーム性から、普段ゲームをしない層まで巻き込み、様々なジャンルのYoutuberにも取り上げられました。

Fall Guys プレイgif
このGIFだけでも繰り返し見てると個々にドラマがあり、笑いがあります

ゲーム内容は、数種類のステージを経てドン勝を目指すという、おおまかにはバトロワと言われるジャンルです。

ただあんまりギスギスせずにやれるところがこの作品のすごいところ。

プレイヤースキルの介入も(他のバトロワゲームに比べ)少なく、見た目や音楽、画面構成含め実況向けな作りとなっていて現代のニーズに合わせた運営の緻密な戦略がうかがえます。

あと私がすごいなと思ったのは、心に余裕が出来ることです。

初プレイのフレンドがステージ1でリタイアした際、自分も一緒にリタイアして最初からやり直すということにストレスがないんです。

普通のゲームだったら生き残った分自分だけでもドン勝を狙いますよね?

そういうシビアさがない雰囲気だからカジュアル層がなかなか抜けず、ブームが続いているのだと思います。

とはいえ、現状のままではゲームとしての底が浅いのも事実なので、

今後のステージ追加などでどうかじ取りをするのかが楽しみです。

パクリゲーについてまとめたのはこちら

Call of Duty®: Modern Warfare® 2 Campaign Remastered 未プレイ

2020年9月 フリープレイ

STREET FIGHTER V 約200時間プレイ

私にとっての第三の「親」といっていいシリーズ

ついに来てくれた…!

といった感じですね。

私は格ゲーで人生の教訓を学び、世の中の仕組みを知ったので、スト5ももちろんそれなりにやり込みました。

ただこのご時世、周りのフレンドで格ゲーをやれる人がほぼいないんですよね。

「コマンドが面倒くさい」「覚えることが多い」確かに。

まあ無料なんでやってみましょうよ!

と言いやすくなるだけでもこのフリプには価値があります。

最初使えるキャラは初期の16キャラだけですが、チャレンジのキャラ紹介ムービーを見ればDLCキャラをゲーム内マネーで1人は開放できるようになってます。

そして「アップグレードキット」は3,000円で追加キャラ24人、追加コスチュームなどがほぼ手に入り、更に25%offセールも開催中です(2020年9月5日現在)

格ゲーは確かに敷居が高いです。

ただ、「実力がどうあれ同じレベルの人と対戦するのは最高に楽しい」ので、この機会にフレンドを誘ってプレイするのもいいかもしれません。

PUBG: PlayerUnknown’s Battlegrounds 未プレイ

完全に食わず嫌いなのでこの機会にやってみます。

2020年10月 フリープレイ

2020年11月 フリープレイ

2020年12月 フリープレイ

現時点での感想

2019年に比べ総プレイ時間は減りましたが、マルチプレイを主にやっており今年も元は取れている印象です。

コロナ禍で外出の制限が増える中、チャットでゲラゲラ笑いながらゲームが出来る環境に感謝です。

当たりだなと感じたタイトル

アンチャーテッド コレクション、Goat Simulator、ソニックフォース、ワンダと巨像、モンスターハンター:ワールド、アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝、NBA 2K20、ライズ オブ ザ トゥームレイダー、Fall Guys: Ultimate Knockout、STREET FIGHTER V、PUBG: PlayerUnknown’s Battlegrounds
※すでに購入しているのも含める

プレイする機会になってよかったタイトル

PUBG: PlayerUnknown’s Battlegrounds、Star Wars バトルフロント II、アンチャーテッド コレクション、アンチャーテッド® 海賊王と最後の秘宝

コメント

タイトルとURLをコピーしました